熊本は石橋の宝庫

石橋を訪ねて

石橋めぐり【モデルコース】明八橋 → 門前川眼鏡橋 → 下鶴橋 → 八勢眼鏡橋
※交通手段は車になりますが、基本的にはご依頼者のほうでお車を準備していただきまして、そこにガイドが同乗する形になります。(別途交通費をお願いする場合があります。)

石橋はなぜほとんど九州に架橋されているのか。日本全国には多くのお城があり、そこでは立派な石垣を見ることができる。しかし、お城の石垣に適する石は、石橋にはあまり向かないようであります。九州地方に圧倒的に石橋が多いのは、適した石が地元にあったからである。その岩石は加工しやすい阿蘇溶結凝灰岩である。適材があったことと、高い技術を持った石工集団がいたことが九州に素晴らしい石橋ができた理由である。特に熊本県は数が多く、約620基が造られ、今でも約320基が現存している。


明八橋

明八橋橋本勘五郎(丈八)は明治政府に招かれ、東京で多くの仕事を手がけた。この橋は帰郷後の作で、丈八が文明開化を予見して造ったもので、橋の幅も広く現在も活用されている。明治8年に造ったので明八橋である。すぐ近くには、勘五郎が造った明十橋もある。


門前川眼鏡橋

門前川眼鏡橋熊本県は石橋の宝庫ですが、現存する石橋のなかでは県内で2番目に古い、「県の重要文化財」の石橋です。架橋は1808年で肥後と日向を結ぶ、日向往還にかかるもので、200年以上も前の橋が往時の姿をとどめ、今も小学校の通学路として利用されています。この橋の特徴は輪石と輪石を川石でつなぐ楔石工法で築かれていることであります。この工法は非常に珍しく、県下では3基しか存在していません。この工法は後に緑川流域に数多くの石橋を残した、種山石工とは流れが違う集団である。


下鶴橋

下鶴橋天下にその名をうたわれた橋本勘五郎とその子ども、弥熊の作です。八勢川に架けた石橋で、明治15年10月から明治19年10月まで、まる4年を費やして完成させました。橋の基礎部分は、通潤橋でも組まれた熊本城の鞘石垣を応用しています。勘五郎は翌年には亡くなっていますので、日本を代表する名石工の知恵の集大成が下鶴橋と言えるかもしれません。通潤橋と並び称される下鶴橋ですが、遊び心を今でも目で確認することができます。


八勢眼鏡橋

八勢眼鏡橋この橋は山里の景色に溶け込んだ石橋で、上益城郡の石橋の中でもたいへんに人気がある「県の重要文化財」の眼鏡橋の1つであります。八勢橋は肥後と日向をつなぐたいへんに重要な眼鏡橋であった。橋のないころは深い谷を登り降りしながら物資を運んでいた。そんな状況を見かねて動いたのが地元の豪商・林田能寛です。惣庄屋や村人を説得し、私財をなげうって悲願の石橋を完成させました。